【書評】年収90万円で東京ハッピーライフ

f:id:kotukotu110:20190911225215j:image

こんばんは。こつこつです。

セミリタイアをされている方がどの様に生活されているのかを知りたくて、アマゾンで本をポチポチと探してました。

 

タイトルを見て、おぉ!?とビックリしたので、直感を信じて購入して読んでみました。

 

と、東京ですよ?90万円?無理でしょ?と思いましたし、セミリタイアのためのイメージとしてFIRE(Financial Independence, Retire Early:経済的に独立して早期退職)をイメージしてました。実際、その目標で進もうとしていました。或いは、ブログやプログラミング等の在宅ワークを少し行う程度を想定していました。

 

学びがいくつかありましたので、まとめてみました。

 

1、限界を感じたら逃げてもよい

2、思ったよりも覚悟さえあれば想定よりも早くセミリタイアできる

3、大切なのは価値観

 

大きくまとめると3つの学びがありました。

 

著者の場合も、ネット収入は幾ばくかありそうでした。しかしながら、そんなに預貯金をガッツリ貯めてスタートしている訳ではなく、少しばかり勤め人として働かれているとのこと。

 

この本の根幹をなすのは、幸せとはなんぞや?他人ではなく、自身の価値観を理解することの重要性を教えてくれます。当たり前のことかもしれません。しかし、社会人に染まってしまい価値観になれてしまうにつれて、ややもすれば、そんな当たり前の価値観すら見失ってしまいがちです。

どこか、より良い大学を出てより良い会社に勤めて結婚して子供を産み、育ててマイホームを持つ。どこか、今のご時世で言えば牧歌的でもありますが‥

そんなことよりも、もっともっと大切なことがある。過去の壮絶ないじめの体験等も交えながら、こんな自由な考え方もあるんだなと。

 

ちなみに幸せの価値観は、人それぞれですが、僕はもう働きたくありません 笑